剪定・植栽

人が季節ごとに洋服を変えるように、庭木も季節ごとにお手入れする必要があります。
しかし、剪定する時期が早すぎたり剪定の量が多すぎると、かえって不要な枝を増やしてしまい、美観性を損なう恐れも。

当社の剪定・植栽では季節やお住まいに合わせたものをご提供。
現地調査から施工まで一貫して自社で行ないます。

■ 剪定とは?

当社では、高木・中低木・生垣など、あらゆる樹木の剪定に対応しています。
剪定は、樹木本来の美しさを保つだけでなく、樹木を健全に生育させることが一番の目的です。

■ 庭木の種類で剪定時期が異なります

□ 剪定の種類
剪定は大きく分けて2種類あります。

○ 基本剪定
美しい姿を作り、生育を促すために行ないます。
大胆に枝や茎をカットし、庭木の骨格を作る意味があることから「強剪定」「骨格剪定」「整枝剪定」と呼ばれることも。

○ 軽剪定
植物の姿を整えるために行う剪定です。
美しい姿を保ち、病害虫の発生を防ぎ、花や実つきをよくするといった目的があります。

□ 庭木ごとの剪定時期と選び方
樹は大きく分けて葉の形(広葉樹か針葉樹か)と、1年中緑の葉がつくか秋冬に葉が落ちるか(常緑樹か広葉樹か)で分類されます。
当社ではどの樹の種類にも対応した剪定と植栽を行ないますので、どんな庭園にしたいか、お客様のご要望をお聞かせください。

○ 常緑樹
1年中緑の葉を楽しめる植栽のことを指します。
常緑広葉樹の基本剪定は3~4月、軽剪定は9~10月。
1年中緑の葉を楽しめるのでお庭の目隠しとしてもオススメです。
低木のものは生垣としても活用可能。

○ 落葉樹
常緑樹とは違い、秋冬になると、葉が落ちる植栽のことを指します。
基本剪定は11月中旬~2月、軽剪定は7月中旬~8月。
新築記念やお子様の誕生記念、還暦祝いとしてのシンボルツリーやテラス周りの植栽としてオススメです。

○ 広葉樹
広葉樹とは、葉が広く平たい形をした、桜・ケヤキ・ブナなどの植栽のことを指します。
常緑広葉樹と落葉広葉樹があり、それぞれに合わせた時期で剪定が必要。
常緑広葉樹は寒さに弱いので冬季には剪定を行ないません。

○ 針葉樹
針葉樹とは、葉が針のような形をした、松・杉・ヒノキなど植栽のことを指します。
基本剪定は4~5月、軽剪定は10~11月。
病害虫に強く、シンボルツリーから生垣まで幅広く利用できます。

■ 和歌山市で剪定・植栽管理・伐採・庭園管理は明成造園まで!

【お電話】 090-6823-8664
【営業時間】 8:00~21:00
【メール】 お問い合わせはこちらのフォームよりどうぞ
【対応エリア】 和歌山市を中心に海南市・有田市・岩出市・紀の川市(その他エリアも対応可能ですのでご相談ください)

一覧ページに戻る